反応性活性酸素について

反応性活性酸素について

活性酸素が私達に与える悪影響は大きく
癌、糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病の原因とも言われます。



活性酸素をよく耳にしますが
酸素とは一体何が違うのか?と考えた人もいらっしゃるでしょう。

私達にとって酸素は生きていく上で絶対に必要なモノですが
この酸素がちょっとしたキッカケで活性酸素へと変化してしまいます。
活性という言葉のイメージからでは
私達の体に活発に働いてくれる味方のようなイメージがわきますが
じつはそうではなく私達の体を執拗に攻撃してくる毒性の強い悪モノなんです。

ふつう核原子の周りには電子が2個ペアになっていますが
これが安定した状態で
ところが不対電子を持った不安定な活性酸素は
安定を保とうとします。
この時に誰かれ構わず近くの分子から電子を奪い取ってきてしまうんです。
これが参加させると言う事。
こんな具合で体内の細胞を酸化させて
細胞の正常な働きを失わせます。
それが老化や様々な原因を引き起こし
特に癌、動脈硬化、糖尿病、白内障といった
死亡率が非常に高い病気になってしまいます。
シミシワの原因にも繋がります。

どれだけ活性酸素が厄介者か分かって頂けましたか?
そして活性酸素は紫外線、電磁波、医薬品、ストレス、激しい運動、喫煙
が主な原因だと言われていて
私達が現代を生きていく中で避けては通れない道です。

ですが、いまでは活性酸素の発生を抑える為のサプリメントも
数多く出ているのでサプリメントなどで補助していく事をお勧め致します。

copyright(C)体内活性サプリメント